Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

沖島へ #2

事前にウェブを見ていると、何となく観光客ウェルカムな雰囲気だったけれど、実際に上陸・・というか通船に乗っているのが自分たちと島民の皆さんだけだったので、上陸するまでもなく観光化は特にされていない様子だった。

 

桟橋を渡ると、何とはなしに観光客向けの建屋が1軒あった程度で、あとはごく自然な島と、島の生活と、静かな時間だった。ネコの多い島とはいえネコが出迎えるでもなく、静かに上陸した。

 

東側へ歩いてみると、ネコが結構ウロウロしていた。

積雪も残る程のなので、実際出てこれる気温でもなかったけれど。

 

f:id:sou:20170129124131j:plain

 

歩くとネコらしくないネコがスッとした姿で遠くを見つめていた。

こういう空気を放つネコは見たことがない。まるできつね。

f:id:sou:20170129123541j:plain

f:id:sou:20170129123437j:plain

f:id:sou:20170129123530j:plain

 

この子は兄弟が居て、またそっくりなネコがもう一匹現れた。

かなり仲がいい。

f:id:sou:20170129123637j:plain

f:id:sou:20170129123640j:plain

f:id:sou:20170129123648j:plain

 

耳のカットも無いし、見た感じでは去勢もされていない様だったので、今のところナチュラルな状態で猫達は生息と繁殖を行っているのだろうか。にしては頭数が少なかった気がする。多分漁船が帰ってくる時間帯なんかはそこそこ集まるんだろうとは思う。

 

f:id:sou:20170129123711j:plain

f:id:sou:20170129123732j:plain

f:id:sou:20170129123741j:plain

f:id:sou:20170129123756j:plain

f:id:sou:20170129123817j:plain

 

後々でもう少しエントリするけど、猫達は皆よく食べている様で健康状態もそこそこ良い感じだった。

風邪をひいてる子も、栄養失調気味の子も居なかったので、そこは先日の男木島と対照的。

薄汚れている子さえ居たものの、多分島の皆さんが水揚げされた魚を食事に回したり、色んなところで手厚く世話をされているんだろうと思う。太子に近い印象が有った。

 

加えて、各々のテリトリーを主張出来る程ゆったりとした感じで、季節柄か人が多くないのが本当に良かった。男木島はもう観光客の多さ、その観光客の好き勝手な餌やり、追いに追われる撮影会などなどで、あれは本当にネコにとってストレスであろうと思う。

 

寄ってくるネコは寄ってくるままに、寄ってこないネコは全部ズームで捉えたけど、どちらかというと馴れ馴れしく寄ってくるネコが多かった。人にストレスを感じてないからだろう。

f:id:sou:20170129123309j:plain

f:id:sou:20170129123314j:plain

 

そういえば、島には第3次産業が無いので、買うものは近江八幡で買ってゆかないといけない。

バスに乗る前に買わないと、堀切港にあったのは自販機1台だけだったので、多少の食事とお茶ぐらいが有るとよろし。バス停の前にコンビニが有るので丁度いいっちゃ丁度いい。

 

島内、自販機は有った。食事の出来るところや喫茶店も有る様だったけれど、基本すべて予約制。民宿も有る様だけど当然予約制。歴史観光館の様なスポットもあったけど、これも予約制だったか連絡して開けてもらう制だったか。とにかく住まう人の為の街、流通は通船のみ、という事からも分かる様に、現地調達で何かどうにかしようというのは避けた方がいいかな。夏は港で弁当なんかも売ってる様だけど。

 

トイレとか何処かに有ったんだろうか。判らんけど、多分港の桟橋あたりに有るんだろうとは思う。

 

 

続きはまた。

 

沖島へ

以前から気になっていたのが沖島。

琵琶湖の中にある小島で、ネコが集まるという話を以前から目にしていた。

 

余呉からの帰りに寄ろうと思っていたけれど、天候次第というところだったので、当日9時にゆくことを決定して若干遅めに行く事になった。

 

細かいところは先達の皆さんが事細かな資料をアップされれているので省くけれど、まずはJR近江八幡駅。

この北口のバス停から休暇村行きのバスに乗って堀切港で降りる。

 

12時15分出航の通船に乗るのに、11時半過ぎのバスに乗るのだけれど、これがまぁ遅れる。大阪市バスや高槻市バスなら半分の時間で着いてるで?って思うけれどそこは雪の残る道。道中でスリップも怖いので、出航時刻より安全な到着を祈るばかり。

 

f:id:sou:20170129142026j:plain

 

結局港についたのは12時15分。通船も多少はアバウトなのかまだ出航してなかったので、

慌てて桟橋から通船「おきしま」に乗船。

 

f:id:sou:20170129134942j:plain

 

通船は島と近江八幡を結ぶ唯一の交通機関で、あとは自家用船での往来。

島民の皆さんは堀切港に自家用車を駐車して市街地へ買い物や用事に出て(島には車が走れる道も大してない)、この船で荷物も何もかも運ぶ。という人荷を運ぶ重要な手段として絶賛運航中だった。

 

まぁしかしギリギリもギリギリで乗り込んだ通船の運賃、こちらでいうと船に乗る前に切符を買うんだろうけれど、

ここの船には券売所も無いので、船内の自販機で切符を買う。

 

琵琶湖で船に乗るというあたまが無いので、何度も「あれ、海くさくないな」って思ったけど、そうここは湖だったな・・と思い出すことが何度もあった。

f:id:sou:20170129121735j:plain

 

まぁそんなこんなで無事沖島へ上陸。

とても静かな港町で、観光化も特にされておらず、時間が昭和でビシっと止まっていたのが印象的。

船は15分としないうちに沖島港へ到着。

 

f:id:sou:20170129134909j:plain

続きはまた明日。

余呉湖へ

結構久しぶりに降り立った余呉駅は一面の雪。

 

f:id:sou:20170128161136j:plain

f:id:sou:20170128161156j:plain

f:id:sou:20170128161211j:plain

f:id:sou:20170128161216j:plain

 

数日前に積もった雪がずっと溶けないで残っていた。

何度か来ているけれど、ここまで雪に埋もれたのを見たのは初めてかも知れない。

積もってるってだけで心躍るのに、埋まってるってもうどうしていいのか判らん。

f:id:sou:20170128161611j:plain

 

駅を出ていつもの様に余呉湖まで歩くことにした。

見慣れた景色が全部真っ白で、目の感覚がおかしくなる。

 

カモや野鳥の皆さんがつけた足跡を眺めながら歩く。

ついこの広大な雪原を走り回りたくなるけれど、雪の下は勿論ズボッとハマるぬかるみなのは忘れてない。

f:id:sou:20170128161910j:plain

f:id:sou:20170128161918j:plain

f:id:sou:20170128161939j:plain

f:id:sou:20170128161926j:plain

f:id:sou:20170128162131j:plain

f:id:sou:20170128162143j:plain

f:id:sou:20170128162202j:plain

f:id:sou:20170128162414j:plain

f:id:sou:20170128162551j:plain

f:id:sou:20170128162603j:plain

f:id:sou:20170128170153j:plain

f:id:sou:20170128171733j:plain

 

宿は以前好感だった文右衛門にした。

ゆっくり暖かく過ごせる部屋、広い風呂、綺麗な洗面所、そして食べきれない程の琵琶湖の幸。

文句なかった。

 

星空も綺麗だったけど、あまりに寒くてゆっくり写真を撮る暇もなかったのが残念・・。

酒をちびちび飲みながらオセロで圧勝した。

f:id:sou:20170128193606j:plain

 

余呉は本当に何も変わってなくて好きだ。

 

1月雑

ばっちばちに忙しい。

 

書類に捺印してもらう為に、申請用紙に申請者や上長や審査や確認やってめちゃんこ印鑑が押されてて、なんの判押し大会やねんって不思議過ぎる。って思ってたら自分にその押す仕事が降りてきた。

 

会議の紙も稟議書のクソ多い紙もやっとゼロになったし、ああいう申請関係も全部電子化するのが次年度の目標。

 

階段にダイブ

日曜日は社内のイベントがあり、少し遅れて家を出た後、忘れ物を取りに帰ろうと慌ててマンションの階段をのぼったところで足を滑らせて階段のステップに胸からダイブした。

 

直後に呼吸が出来なくなって、どうにか持ち直した後にこれはアカンと、なんとか自力でかかりつけの首藤病院まで歩いていったら外科医も放射線技師も居なかったので、そこからタクシーで関西電力病院へ。大病院は初めてで、その設備やスタッフの多さ、必要なもの以外何もない、逆に必要なものは全て最適化されている院内のシステムが凄かった。

 

X線1回にエコー2回で検査した結果、内的な不具合も見つからず、単純に打撲と判断されたけれど、腹がゴロゴロ行ってるのは何だよと思って冷静になったらお腹が空いているだけだったので帰りにトンカツを食べて帰った。しかし痛い。2日経っても呼吸は100%ではないし、笑ったり咳払いをするとこれが激痛。

 

笑えないのが結構な苦痛でもあるので、早いところ完治して欲しい。