Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

木曜日の春雨

 チュパチャップスのプリン味っていうのがイマイチ。不味くはないんだけれど、一度くわえたが最後、どうしようも無い気分になって延々と30分程もぐもぐしてしまうと言う所存で、どうせなら最後の直径8mm位になったところでガリガリと粉砕したいところなんだけれどこれが妙に硬い。はぁー。

 ベヴェル。セブンスターに至る5つ位前によく吸っていた煙草。20代に入ってすぐのチキンな時代によく吸ってたんだけれど、もともとはキャスターの1銘柄なんだけれど、今はパッケージにさえCasterの文字は無い。キャスター・ベヴェル・ライト。キャスターベヴェルメンソールが出た後、フレア発売するにあたってキャスターの名前がいきなり取っ払われてベヴェルフレアとして販売された。

 味はキャスターの旨みであるバニラの香りを継承しつつ、スリム100mm独特の細くて優しい雰囲気が特徴で、ちょっとオシャレな気分にさせる。

 コンビニの店員さんって大変だろうなぁって思う。煙草を吸っている人は、自分の吸っている銘柄が「普通」だと思っているから。

 「スーパーライト」と言われればほとんどの人が「マイルドセブンスーパーライト」を想像すると思うけれど、スーパーライトだけで実に10種類以上の銘柄がある。マイルドセブン、ピース、ホープ、中南海、プレミアピアニッシモ、フィリップモリス、ケント、セーラム。「どれやねん」っていうこの多さ。でもピーススーパーライトを吸っている人も、PMスーパーライトを吸っている人も、「スーパーライト吸ってる」って言う。

先の「キャスター」。マイルドよりもキックが強い。当然タール・ニコチンの値も高い。キャスターマイルドとは全く別物で、多分ほとんどのコンビニ店員さんはキャスターと言われればキャスターを出すと思うけれど、キャスターマイルドを吸っている人は「キャスターを吸ってる」と思ってる。実際僕がキャスターマイルドを吸っている時にコンビニで「キャスター」と言ったらキャスターが出てきた。当たり前なんだけれどパッケージの色が違う。んっと...ま、いっか。といい直す事の出来ないチキンだった僕はそのまま吸ってみたんだけれど以外と美味しい。バニラの味をゆっくり楽しめるのはマイルドの方だけれど。

マダガスカル産のバニラビーンズが甘い原因。セブンスターのクリアな味に慣れているとこのビーンズの味が「穀物」的な味を連想させてしまう。というのはセブンスターに乗り換えて数年してから吸って思った。結構女性向き。

===

 ここ数日雨が続く。まだ全然寒くなってないのにもう春になるのかと。これから雨が降るごとに暖かくなる予感。

 土曜日は久々の週休の予定。週休の予定はあるけれど、何をするかの予定は全く無い。暇かも。