Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関東なんて大嫌いだ という

辛坊治郎氏はいつの間にか報道局次長になってた...。あれー。いや、今日のそこまで言って委員会の再放送。というか、出演者でさえまだアナウンサーだと思ってた面子も。

そこまで言って委員会はかなり面白い。規制にひっかかる発言が多すぎて、どういう話になってるのか判らない事もあるし、CM入り直前のシメで規制発言をゆってみたり、いや、何が面白いって、野放しの本音トークが面白いんだけれど、今回山口もえがなんであそこに座ってるのかよく判らなかった。

独特の空気。関東では絶対にない空気で、この番組で気持ちよく発言した後、関東キー局番組で同じ発言をした出演者が番組を降板になったという話もよく聞く。思想や宗教・教育・人権なんかに深い深い方が見られたら全部カットしたくなる様な番組だけれど、これだけストレートに言いたい事を言ってもらえると視聴者としても面白い。

残念ながら関東では放映が無い。西日本では再放送はともかく、本放送での視聴率が年々上がり、スポットスポンサーでの放送ながらも20%を超える勢い。固定スポンサーにならないのは、内容が過激であるが故だと思うけれど、スポンサーとしては物凄い葛藤を誘う番組だと思う。

もともとたかじんの番組は好きだけれど、当のたかじんはアンチ関東局。何度かの関東での出演の際に、発言規制や、折角の発言に対するカット、局スタッフの横柄な態度や、圧力的なものに辟易した(というか憎しみ?)様で、事実関東局での生本番中に「帰る」という事件もあったほど。実際関東ではたかじんネームの番組は放映されず、本人の固い意向と、出演者の意向でもあるらしいけれど、全国で放映されているのに、たかじんの番組が見れない関東の視聴者は残念だ...僕の「大阪に住んでて良かったと思う」中のひとつに、たかじんの番組が見れるっていうのがある。。

関東でたとえば「委員会」を放映すると、放送禁止マークやサウンドを入れるまでもなく、圧倒的な圧力で言動規制がしかれるだろうし、たかじん本人が降板する事も必至で、そうなってくると番組の生命線が全く無い。となると、僕はまぁ「じゃぁ別に流さなくていいよ」ってなるんだけれど('A`)。

「こんな若者たちを育ててきた団塊世代はクズだ!」っていう発言なんて、他局の番組じゃ間違いなくカットされるけれど、委員会ではオンエア。でもこの発言はまだ当たり障りの無い方だと思う...。「朝生」と同じ感覚で見ると怪我をする。空気自体、田原さんで統制された様な「朝生」と違い、伸び伸びとした雰囲気、みていて鬱陶しくなる出演者の醜態も無い。言いっぱなし的なところが多いけれど、僕はこっちの方が好きだ。



(議論がこんがらがって)

辛坊氏:では、たかじんさんにこの問題をまとめてもらいましょう!

たかじん:××××××!!!(放送禁止音)

CM入り

('A`)エッ?