Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

余り怖くない話。

sou2006-08-14

僕の勤務しているオフィスは、広い貨物センターの中の、プラットホームの一角にある。簡単に云うと、倉庫の中の一室の様な感じ(倉庫ではないんだけれど)になっていて、ホームのシャッターを開けていれば開放感は有るけれど、締め切っていると広大な倉庫スペースの中の一室でポツンと仕事をする事になる。今は平日24Hオープンになっているけれど、昔は25時頃にクローズしていたので、ホームの照明を落とした後、事務所の出入り口ドアを開けると、広大な「闇」に直面することになっていた。

人気の無い場所でも有り、昔からお化けが出るという噂は絶えない。

視界の端っこ、床の方で黒いものがササッと動く事が平日時間を問わず有るけれど、これはネズミ。ちっこくて可愛い。以前偶然捕獲した事が有るけれど、実に可愛い。


今までに見た聞いた話の列挙


○明らかに床ぐらいの高さじゃないところで黒いものがササッと動く時。

エッ?('A`) 

ってなるけれど、別段そこから何かが出てくるわけでも無く普段通り仕事を続ける。

○深夜に突然配達車両無線が鳴る時(今は無線は撤去して無い)

鳴るはずの無い時間帯に無線のコールがなる。応答して「どうぞー」と云うと、向こうで何かゆってるっぽいんだけれどよく聞こえない。こちらの周波数に偶然合う事なんて有るのかどうかわからないけれど、深夜に時々有った。

○深夜に突然電話回線全8回線が鳴り響く

突如1番から8番までの着信回線がコールする。出た事無いけれど、これも何度か有った。かかってこない時間帯にかかってくるのは怖い。

○トイレに誰か入った筈なのに誰も居ない

係長や課長がよく見たらしい。トイレの入り口は結構見通しの良いところに有るので、誰かが入ってゆくところは必ず見えるんだけれど、誰かが入った後を追ってトイレへ入ってゆくと誰も居ないという事がよくあるらしい。ちなみにトイレから入り口以外を通って脱出する術は無い。

○深夜作業中に視線を感じる

作業スタッフが深夜に入ってる時によく感じたらしい。視線っていうのは意外と気のせいで無い事の方が多かったりする。

○倉庫棟での足音

これは休日では無いけれど、プラットホームじゃなくて、倉庫棟の2Fで、屋根からの足音を何度か聞いた。僕と、倉庫スタッフが別々の日に聞いている。最初は屋根上で誰かが塗装や清掃作業をしているかのと思ったけれど、そんな作業予定は無いし、カラスの足音にしては大きすぎる。ましてや20メーターも歩いて移動するなんて考えられない。天井の端から橋までタンタンタンタンと小走りの音。ちなみに倉庫棟2Fの天井裏には「卒塔婆」がはりついている。