Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ふとんむし旅行記:横

メイプルストーリーで「横」というのは,「横殴り」「横はいり」といわれ,一生懸命自分が狩りをしているMAPに他のユーザーが入ってきて勝手に狩りを始めるという感じのもので.

一応,あるユーザーがそのMAPで狩りをしている場合は,そこに発生している敵とエンゲージしないという暗黙の了解がある.

昨晩は,マガティアのアルカドノ協会研究所,アイアンミュテが居るところで1人狩りを慣行していた.ダメージも食らわないポイントがあるのでかなり旨いMAPだ.

不意に弓師さんがMAPへ入ってきた.

別に自分の攻撃範囲を邪魔するでもなく,敵の沸きも早くなってきたので儲けだ.

狩りを続行していたら,一息ついたのか弓師さんが一言.


「勝手につかってすいません;」


丁寧に断りを入れてきたのだけれど,これでいいと思う.願わくば狩りをする前に「一緒に狩ってもいいですか?」というべきところなんだろうけれど,別に自分が管理しているMAPでもないし,それをどうこう言う筋合いも言われる筋合いも無い.

この後,その弓師さんと結構喋ることに.主に「横」の話である.


伏線が長くなった.何が言いたいかというと,


”狩り中のMAPで敵を1匹2匹倒したくらいで横横言うな”


最近ほんと多い.最近つったって昔はどうなのか知らないけれど.MAPを横切る際に当然防衛の為に敵とエンゲージすることが有る.こっちだって無駄にHPを減らしてポーション使いたくないし,必要最低限の攻撃は行う.それを鬼の首とったかの様にyokoyokoと.

確かに横に見える事もある.進行方向上のドレイクなんかを一生懸命つついていると「横ですか?」って誤解される事もある.そういう時は


「とっ...とりあえず前進したいのですがダメージがでか過ぎて;;」


とかなんとか事情を説明すると「納得wどまいw」とエールを送ってくれるユーザーも居るし,撃破してくれる優しいユーザーも居るけれど,大抵は決め付けでかかってくる.

横切る際に食らったダメージを回復させる為につかったポーションは補填してくれるのか?あたかも自分がこのMAPを仕切っている様な口ぶりだけれど,それなら責任をもって通行人を安全に通す「義務」を果たすのがスジだろう?.

そもそも自分がMAPに入った時点で敵のリスポーン率は一時的に上がっているのだから,むしろ当方に感謝をしてもらいたい位だ.

何か間違っているだろうか.勿論こんな事子供に行ったところで判らないだろうから言わないけれど.


「なんでああなるんでしょうねぇ」

という弓師さんの問いには

「必死過ぎて余裕が無いんでしょうね...」

と答えておいた.判ったのか判ってないのか定かではないけれど,「横横連発する奴は弱い」という結論に二人で達した.


横横さんには,いつか自分が画面内の敵を一撃で殲滅できる様になった時に「横っていうのはこういう事だよ」と教えてやりたい位だけれど,道のりは遠い.