Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ふとんむし旅行記:提灯ふたたび


 オリハルコンを100個集めるので,スリーピーウッドでカズアイ狩りを敢行していると,ミスターまくらむし登場.30分程狩りつづけた後,最終的に「それなりの狩場で金を集めて買った方が早い」という結論に至り,先日美味しい思いをした提灯狩場へ.


 時間を引っ張ったまくらむし氏が落ちた後,一人で狩っているのも勿体無いのでソードマンさんを呼ぶべしと思ったら早々にログアウトされていた.続いてギルドの人がオンになっていたので「提灯確保」と飛ばしたところ「今提灯...」という返答が帰ってきた.


 よくよく見ていると,提灯狩場こと暗闇の松林はかなり長いMAP(カニングの地下鉄と同じ)な上,実際のところ1人で狩っている時は効率がよくない.おそらく4人〜6人位でワーワーやるとそれなりに効率が良くなるんだろうけれど,経験値が300前後,メルが100ちょっと,時々落とす装備品が90000前後.


 要は,MAPが広いという事はリスポーンポイントが広範囲・広間隔にあるので,一人で狩っているとそれだけ移動距離が増えて非効率的.倒した敵のリスポーンポイントがすぐそばにあればいいけれど,たいていはMAPを左右に流れてきている敵なので,リスポーンがバラけてまとまって倒す事が出来ない.となると.待たずに歩いて敵のまとまりを叩いてゆかないといけない→時間をかけた割にはメルも経験値もそんなにたまらない.


 ソロ狩りの条件としてはMAPが狭い(横に2〜4画面),敵の足が速い.リスポーンポイントが狭範囲・狭間隔,休憩場所がある(アイテム整理etcで),すべての敵が同一水平線上に出現すること.飛び道具や魔法を使ってこない.


 今のところこれにあてはまるのはアリアントのサヘル地帯3(スナモグラ),アルカドノのB-3(アイアンミュテ),武陵の初級修練場(かかし・足遅いけど),アルカドノのC-1(ロイド).まだ他にも色々あるんだろうけれど,自分のレベルで気軽に行けるとこはこれくらいかな....


 台湾夜市場のUFOキャッチャーも結構面白い.連続して4台位壊せる事があって,イエティやペンギンが30匹近くうろうろしているのを一気に叩くと爽快.

 
 というか,一人でいかに遊べるかを研究するのって,フトさびしくなったりしませんか.グループ狩り要請ならどこでも行きますのでメールでどうぞ.