Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

京都


というわけで,恒例の金閣寺紅葉めぐり.

郵便局の前からタクシーに乗って,運転手が毎年同じひとこと.


「いやー清水じゃなくてよかったですよ」


この時期の清水は団体客でごった返し.どちらかというと紅葉を見ているというよりは「人だかり」をみている様な気分になる事は間違い無い.駅のコンコースもツアー客で溢れかえっていて,適当に「1」とかいう旗を出していたら何人か間違ってついてきそうな勢いだ.


金閣寺までの道中,嫁はひたすらMPO+のAPスキャンをかけて兵士のスカウト.


少し遅い時間に到着したので日が傾いていたけれど,以外にも傾いた日が金閣寺を強烈に照らして,かなり遠くからでも判るくらいピッカピカ.紅葉自体はもう終盤にかかっていたけれど,一番いい時期に来た感じ.奇麗に赤づいた木々はほんと燃える様な感じ.


栗餅食べて,おしるこ食べて金閣寺を出た後は,まっすぐ四条烏丸へ.


いつも「四条烏丸」とタクシーの運転手へ言ってしまうんだけれど,行き先はお馴染み「八雲」なんだから「四条河原町」だよな!ってタクシーを降りてからいつも思い出す.烏丸から河原町までってかなり遠いんだよね(´・ω・`)


八雲で辛味大根そば食べる.今回は嫁も同じものを食べたんだけれど,途中で危険をかえりみない「おろし全部投入」を敢行してしまい,大丈夫だよ〜 と言っていた余裕顔は,いつのまにか辛さで鼻水と涙目で一杯になって見事に鷹峯大根の恐ろしさを食らった感じ.

「八雲」は河原町から南座側の道を八坂神社の方へ.2分程で暖簾が見えます.僕が行く時はいつも空いているんだけれど,店内には壁が埋まる程の著名人の色紙.なんとなく知る人ぞ知るっぽい感じの佇まい.

京都鷹峯大根をおろして薬味にした「辛味大根そば」が独特の味わいで,おろし用に市場に出ているその大根は,ダシ汁をはじめ水分を吸収すると恐ろしい程の辛さを発揮する.初心者はダシ汁をほんと少し少しかけてゆかないと全く食べる事ができなくなってしまう一品.「冷たい麺を食べてるのに汗をかく」っていう不思議な体験が出来る次第.他にも自家製のにしんや脂ののった鴨肉を使った「鴨なんば」etc,美味いもん有ります


八雲を出た後は橋のそばの煙草屋でいつもと同じ様に変り種の煙草を買って,商店街の方でUFOキャッチャーで遊んで,栗屋さんの上でコーヒー飲んで終了.

f:id:sou:20071202153615j:image