Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ipアドレスの変更を一発で〜netsh〜 

win2k時代にかすかに触ったコマンドを思い出して。

ぱすこんを持ったまま営業所をうろうろして、そのたびにインターフェースの設定を変更するのが面倒なので、netshでtxtを読み込ませてコロコロ変更させてみる。


[ユーザープロファイルのディレクトリ] > netsh interface ip dump >xxx.txt でインターフェース情報を出力。

テキストは、cmdを起動させた際に左に出ているディレクトリ落ちているので、それを編集してa接続先、b接続先、c接続先とアドレスを変更してそれぞれ保存。

インターフェース情報を再現させるには、

[ユーザープロファイルのディレクトリ] > netsh exec xxx.txt

でtxtを読み込ませて終了。

dhcpの設定を作るときは、source = dhcp


netshでチューニングできるのはipアドレスDNS、WINSだけで、確かIpv4でのみ。


ハンドで変更する場合は

netsh
interface ip
set address "接続名" static [ipアドレス] [サブネットマスク] [ゲートウェィ] none

dhcpを使う場合は sorce dhcp

txtを読み込ませたほうが速い様な気がするけれど。