Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Letter


マツバラ、ひさしぶり。
今でも彼女ができるたびに手鏡でスカートの中を覗いていますか?直接見るのでは満足できないマツバラをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にマツバラが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう17年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

思い返してみると、あのころはマツバラはとても優しくて、大人びていたなぁと思います。私は素直になれなかったから、平気で「マツバラはどうせ胸さえ大きければいいんだよね!」なんて責めるようなことを言ったけど、マツバラは「そんなことはないよ。カラダ全体が大事だよ」って優しく諭してくれたのを覚えています。少しヒドイと思ったけれど今でも心に響いています。

私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえばマツバラにとっては初恋の相手が私でしたよね。最初のころのマツバラはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。

マツバラは付き合った当初から思いやりに溢れていて、「一生おれについてきてもいいよ。女はおまえ一人でいいから」と言ってくれましたね。何様かと思いましたが、すごく嬉しくもありました。その後、結局何人にそのセリフを言ったんですか?それからのこと知りたいです。

マツバラと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。マツバラと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はマツバラが大好きでした。これからもマツバラらしさを大切に、あと自販機のおつり出口をいちいちチェックするのはもうやめて(笑)、いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. マツバラが誕生日にくれたキャッチャーミット、使い道がないので捨てていいですか?


    • -

【短評】
しっかり者であり、リーダー気質。女性を引っ張るタイプだが、配慮もできる。ただし弱味を見せない。
【あなたの恋愛事情を考察】
マツバラさんは基本的に、ふられるよりはふる側になることが多いと思います。ふられる側になることがあるとしても、マツバラさんの気持ちが分からなくなった相手が、不安のあまり自ら逃げ出すような形でしょう。

マツバラさんは、わりと恋愛において「強者」の側にいるのだと思います。また人に頼られるのは好きでも、何事も相手に頼ったり任せたりするのはあまり好きではないのではないでしょうか。それが相手を不安にさせるのです。「私、いる意味あるのかな」と。

ここから言える、マツバラさんにありそうな問題点を列挙します。

◆隙や弱味を見せないことで相手に不安を抱かせる。
◆初対面でオーラはあるがとっつきにくい。かわいげがない。
◆相手からするとマツバラさんの気持ちが分からない。
◆結果として相手が不安になり、ネガティブになる。マツバラさんはそれを重苦しく感じる。



りすちゃんのを見て試しにやってみたら、犬小屋な皆さんがまた喜びそうな内容になってしまいました・・


最近時々聞く「ふとんさんのいない時のほうがふとんさん話で盛り上がってるよ」は、私がなかなか参上する事が出来なくても、ギルドの皆さんが楽しくやって頂いている証拠でとてもうれしい事なんですが、時々新手の忍耐かと思うほど、私が喋っても誰も相手にしてくれない事があって、涙をぬぐう事があります。


なーんて。




17年前の今頃。





我らが笑いのホームランバッター、ミヤベ君と同じ子を好きになって、部活が終わった後わざわざ自宅とは反対の方向へ3人で帰っていた時期があったりして。


合宿ではトロンボーンとサックスの男2人が何ら相乗効果もなく近くで練習しあって、彼女の居るフルートptとの距離を牽制しあったり、といったくだらない激戦を繰り広げて。

それよりもその年の合宿は異常にネタ盛りだくさん。

1日目には食堂に面した風呂の扉を、オッチャンがフルチンでバーンとはずしてしまい、食堂にいた女子達の悲鳴を浴びた。

夕飯時にはミヤベ君のハンバーグだけが無くてマジギレした(十数年たっても遺恨の残る一大事)。

朝トイレの個室のドアを開けたらオッチャンが鍵もしめずにこっちむいて気張ってた。余りの驚きにお互い「オウ」「オウ、おはようさん」しか言えなかった。



そんなある日に、


「マツバラ昨日2人だけで帰ったやろー!」


ってミヤベ君に怒られた。顔が超マジだったから慌てて言い訳を考えて、「あ、いや、えと、先に帰ったんやなーって2人でゆっててんやんかー;」とは言ったけど、ミヤベ君のカバンが玄関に在ったのは知ってた。うん。その2日前くらいにマクドで2人で試験勉強もしてた。すまん。


今考えると彼も同じ事をしていた様なフシがあった。


そんなミヤベ君とのバトルも夏の終わりとともに佳境を迎え、深夜の長居公園の「坂」に座り込んで


「どっちからいくねん・・・」


2人で悶々として、「どちらが先に告白するのか」という物凄く切羽詰まった話になった。


いよいよ出撃の日、先にスクランブルをかけて撃沈してゆく彼に合掌をしつつ、数日後、私も続いてテイクオフ。結局2人とも撃沈の結末を見る事になり、それからしばらく彼とは誰が好きという話にならなくなって、いつの間にかお互い別の彼女が出来てた。


それからしばらくして、件の彼女の友達から「なんで別の子と付き合ったん!?意味わからん!」って物凄く怒られた。その時は意味分からんのはこっちやで・・って思ったけれど、アッって気づいたのはそのずっと後だった。


それから10年経って、イシハラの結婚式で彼女と再会した。10年前は色々ごめんなwwwなんて謝っておこうと思ったけれど、結局一言も喋れずに式場を後にした。


彼女は高校時代と全然雰囲気が変わってなくて驚いたけれど、私も私で当時と同じくらい「判ってない」子供のままだと思う。