Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

バイトに遅刻しちゃいそうだから、ちょっと後でかけていい?

土曜日。人が少なくなった夕方のオフィスはシカオ祭りです。


最もよく聞いていた頃の802ヘビーローテーション

黄金の月。


──大事な言葉を 何度も言おうとして 吸い込む息は 胸の途中でつかえた



イントロがとってもジャミロクワイ

コノユビトマレ。


──誰かといても寂しいっていう人、ぼくのこの指とまれ ムリヤリもう笑わなくていい



短い詩もメロディもいい感じ。19歳って感じの歌。

19歳。


──吐き気がするくらい あなたの心美しいのに、何一つできないぼくにどうしてキスしてくれるの?



シカオさんの詩はいつもどこか俯いていたり、暗いのですが、さっき「なんででしょうね」って聞いてみたら「ニートだからじゃない?」って返って来た。

「ニートwww」

「なんかほら、ひきこもってなんかよくわかんないことブツブツゆってるんだよ。時々フフッって笑ったりしてね」




そんな気がしてきた。




カラオケでは、歌いすぎた後半くらいにシカオさんの歌を歌うと、声がちょっと似ます。

彼のは枯れてる声なんじゃなくてハスキーなんですが。