Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

火曜日

近所の焼肉屋へぶらぶら行くつもりで出歩いたのですが、当然の事ながら連休の野田西九条方面は日中まさに閑散。北港通から西九条をぐるっと回って野田までもどってきて、


「鶴橋へ行こう」


野田という立地は住んでから判った事が多いのですが、かなり交通至便な位置にありました。
尼崎・梅田・難波・天王寺が各20分圏内。鶴橋までも同じく20分圏内で、阪神、JR、地下鉄全てが直結しています。当初福島や西九条も検討したのですが、駅徒歩5分の賃料のパフォーマンスは野田が一番でした。

かといってお散歩スタイルで市内へ繰り出すのはどうかと思うのですが、案の定出先で携帯の電池が切れました。


久しぶりに降りた鶴橋は、通常より若干多めの人混み。お邪魔した焼肉屋さんは駅近所の「一力」。肉盛りがお手頃の値段やなーと思って、それだけの理由(これは後で裏目に出ました)。

携帯も電池切れで手ぶらでいったものですから、写真も何も無しです。代わりに詳しくレポートされている方のブログを。


○焼肉を愛するすべてのものへ 一力(大阪/鶴橋)
http://www.geocities.jp/untyou090/itiriki.htm


高いです。チェーン店の3倍の値段はすると思います。肉盛りを頼んで来た量があまりにも少なすぎて、「この続き、あるの?」ってアホな質問をしてしまいました。「2,3人前くらいあるで」っていうのは量じゃなくて「肉盛りとしては」という事なので、この後ホルモンや何やを頼む前提の話ですね。


肉が美味過ぎて不思議だなと思っていたのですが、この値段の裏付けか・・ってごく当たり前の事に納得します。


ホルモンも美味しいです。熱を加えても型崩れしない。今回はテッチャンとミノ、ほっぺ(肺)を頼んだのですが、物凄くしっかりした肉質で、多少弱いかなという火で炙っても凄くいい具合に焼けます。テッチャンは厚切で美味しかったし、ミノは安いとこで食べると、焼いてるうちに形が無くなって悲しい思いをするんですねあれ。問題の「ほっぺ」。肺らしいんですが、何かこう、マシュマロ的な弾力があって不思議な感じで面白かった。


酒を飲みながらゆっくり食べると5,6千円くらい。満腹まで食べてしまうと10-20千円位/人くらい。少なくとも食べ放題で量を求める方向きではないですね・・。とにかくお肉はどれも美味しいので、酒を片手にゆっくり味わうのには最高です。


場所はパチンコ丸天会館の裏。駅そばです。
f:id:sou:20110504122824p:image