Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オオカミ少年ユーロ

ユーロの茶番がますますひどい。毎週の様に「今週合意」と言われて2ヶ月以上が過ぎたけれど、一向にギリシャの合意が進む気配もない。そのヘッドラインが出るたびにユロ$が上昇下降する、まさに情報仕手戦の格好になって、誰得の為替市場。

昨日の茶番はもう恐らくギリシャ撃沈待ったなしを感じる程で、Realsoon > hours away > days aheadと、結局何も出てこないどころか出来てない。恐らく協議は一旦決裂してるんだろう。そう思う根拠は、ギリシャが自国の社会情勢不安をダシにした脅迫をEUに叩きつけた事から見ても一目瞭然。



ってかもう、まるでソバ屋の出前。2ヶ月前の出前がまだ届かん。



決裂と発表するのか、最悪のヘアカットで合意発表するのかが注目されるところだけれど、ギリシャがEUの生贄と決まった今、あとは誰が言うのか。意外とフランスがうっかり「ごめんwwwww」と口走って、散々世界を振り回したメルケルとファンロンパイ(ユンケルかもしれない)、楽観的だったジョイブレの3人が「っていう事でww」と幕を引く。

幕引き後の解説で、アメちゃんが上から目線で「なっ?言っただろ?」って全部とりまとめて終了。

最近の欧州のヘッドラインは出オチ、ボケツッコミ、オチが揃ってて楽しめますよ奥さん。


    • -

★2012-02-03

ちなみにこの翌日夜、温家宝メルケルのリップサービスにより期待感で買われた後、「いや・・・中国ネタだし・・」と市場が訝しんだところで、ユンケルが「PSI交渉は非常に困難」と本音を漏らして投げ売り状態。Realsoonからultra difficultまで、頭と尻尾の大茶番劇になった。