Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

火曜日雑

 

 

社会人になって、こんなに怒られるのかという程怒られている小職ですが。

「往生際の悪いやつめ!」って言われた事ないな、と思って。

 

サラリーマンとしてこの言葉が出てくるシチュエーションって何だろうか。

取締役としてならもっと有るんだろうけど、実務管理者レベルでは余り無い気がする。

 

・3期にわたって予算を組んだ事業、採算が取れない事が判明したが、もう1期!もう1期やりたい!

・コンペでかなり劣勢になって、どうにかして担当者に支援を得ようとする(決定権はない)

・経営に影響を及ぼす失敗によって左遷。でもマイホームを手放したくないから人事部長に必死に食い下がる。

・お白州でお代官様の裁きを不服として、死なばもろとも!と、仕込み刃を振り回す

 

→往生際の悪いやつめ!

 

なんか暗い。生々しすぎた。

 

・部長!まってください!ぼくもう一杯飲みたいです!この店がいいです!

・嫌だ!心を入れ替えるから!もうこんなことしないから!ヨリ戻して;;

 

→ええい!往生際の悪いやつめ!

 

同じ様なもんか。

使いどころが難しいな。「往生」というだけあって、もうこの言葉が出る時にはケンシロウの名台詞が飛び出すタイミングである事は間違いなく、社会人としてのまさに「往生」を表しており、出来ればこれを使うシチュエーションに遭遇したくないという言葉である事は確かかだな。

 

 

意味なく考察終わり。