読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

オブジェクトが削除されている為、操作を実行できません(OUTLOOK2013)

普段使わないんだけど、まぁ折角有るし、メールの一括整理用に使おうかなと思って。OUTLOOK2013。

 

アカウントをIMAPで設定して(正確には自動的に設定されて)、送受信問題なく稼働したんだけど、メールの削除が出来ない。

メッセージが出るわけ。「オブジェクトが削除されている為、操作を実行できません」と。

 

当初このメッセージはメールというオブジェクトが既に削除されているという事なのかと思って、INBOXには着信している様に見えるけど、サーバ上の実態は別のフォルダに配送されているのかと考えていた。WEBメールへ1度ログインして、OUTLOOKとのINBOX整合性を確認したけど異常なし。

 

同様の事例は割と多い様で、解決事例が無かったんだけど、メールをオブジェクトとして考えない場合、このメッセージはサーバ側のエラーを示唆している、イコール削除したメールを受け入れる「オブジェクトが削除されている為、操作を実行出来ません」という事だと察した。

 

勿論Webメール側では問題なく削除出来るのだけど、OUTLOOKの挙動を見るに、アカウント作成時に送受信方式(POP/IMAP)やサーバの諸設定を読みに行っていると推察される事から、「本来そうであるべきゴミ箱フォルダ」が設定されていない場合、あるいはOUTLOOKに与えられている「ゴミ箱フォルダといえばコレ!」というケースに合致しない場合、IMAPで削除したメールを配送する場所を生成出来ず、結果削除出来なくなり、前述のエラーを返す様になっているのかもしれない。

 

MSのエラーメッセージは本当に不親切で、どれもこれも主語がない。何に対してそのメッセージが発せられてるのかが判らないから、むしろそのエラーメッセージを読めば読むだけ難解になる。せめてどういう処理上でエラーが発生したのか表示して欲しいよね。

 

というわけで、ゴミ箱フォルダを変更してみた。

 

メールプロバイダはe-mail.jp(sou15.jpを此方へフォワードしてる)を使っており、設定から「削除後にメールを何処へ移動するのか」というところを再設定した。恐らく他のベンダでも同じ事が出来ると思う。「ゴミ箱フォルダへ配送せずに直ちに抹消」はできなかった。出来たらそうしたかったんだけど。

 

<Trashbox>というフォルダで運用していたものを、<ゴミ箱>というフォルダを作成して、削除したメールを配送する様に設定した。恐らく3番目のチェックボックスを外せば問題ないのかもしれないけど、WEBメールで見る時に不便が出るので今回は行わなかった。

f:id:sou:20140612231449j:plain

 

で、フォルダ同期したら本当に問題なくOUTLOOK側で削除が出来た。スカッとした。

解決出来たから別にいいんだけど、これはもしかして削除後のメッセージを自動的に配信しないっていう設定でも行けるのかもしれない。

いや、でもこれは最初からチェック入ってたので違うか。そもそも削除のアクションさえ出来なかったもんな。

f:id:sou:20140612233822j:plain

 

 

少し書いた。

surface2のOutlookでIMAPメールが削除できない - マイクロソフト コミュニティ http://j.mp/1nyxyk9