Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

1月雑

半年毎になるけど、まだ生きています。

実は背骨にボルトを打ち込むという手術を10月にしまして。

 

これ。

f:id:sou:20210106105248j:plain

 

脊椎間狭窄症もついにクライマックスを迎えて歩けなくなったのが9月、

とはいえ暑い時期に入院したくなかったので1ヶ月伸ばして10月。

 

当初からテンションの低かった主治医が、手術するとなった途端がぜん興味を示して「来週でもいいけど!?」って前のめりになったのがおかしかったけれど、3ヶ月も経てばもう興味の失ったのか「10月・・に手術ね・・」って、あんたが施術したんやで、っていうテンションの下がり方で、まるで僕自身の仕事スタイルみたいで笑う。

 

さて人生二度目の入院。Twitterでは随分ポストしたけれど、今回は意識もあるし、数時間以内に死ぬわけでもないし、手術の決定こそ軽かったし一番心配だったのは「術後何本チューブがささっているか」だったけれど、今回はドレン管も含めて5本だった。前回は7本刺さっていて1週間程拘束されたので何もかも軽い。

 

結論からいうと痛みは消滅して普段の生活に戻ったので何もかも良し、といったところで10月という気候も本当に良かった。8月なんかだと汗水たらしながら屋外リハビリとかちょっと耐えられなかった。術式は固定術で、4番と5番の背骨を上述の通りチタンのボルトで固定してる。ゆえに背中がほんの少し曲がりにくくなった。1月のチェックアップも特に問題なかったので固定用のコルセットも少しずつ外してゆく事になる。