読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

後輩

高校時代の後輩の訃報が届いたのは先週の日曜日だった。

 

卒業してからは結婚式や何かのイベントで会う程度だったので、本当にコンタクトは少なかったけれど、現役時代は同じtbパートで出来の悪い先輩の反面教師として練習熱心だったし、一緒に入部したもう1人の後輩といつも仲良くしていて、夜の文の里商店街のアーケードや長居公園でよく練習していたのを覚えている。

 

アーケードでと言ったけれど、当時はまだ色々なところで音をだす事が黙認された時代だったので、今では考えられない状況かも知れない。当時一緒に居た頃を思い出すと、ほんと1990年って遥か昔なんだなぁって感じる。

 

いつも自分のパートのマスコット的存在で、いじられながらも誰からも愛される人柄、僕が覚えている限りでメガネが一番似合う女の子だったけれど、40の誕生日を迎えて間もなく旅立ってしまった。1度は乗り越えたガンと今一度闘う事になっての結果だけれど、彼女はそうでありながらも、ご主人やとりまく友人達には必ず笑顔であったろうし、本当に頑張ったろうなと思う。

 

 

今日、当時顧問であり担任でもあった教諭の還暦パーティが開かれるのだけれど、はからずも当週に全員が集まる事になってしまった。僕たちはいつもの6人で足を運んだ。卒業以来会っていないOBも多かった。

 

ところで広い葬祭場へ弔問するのは社会人になってから多分初めての事で、「お焼香」が今ひとつ分からなかった。

仏式にしてもお座敷で故人に手を合わせ、ご遺族や友人と生前を偲ぶ、というスタイルが多かったというのもある。遅めに到着したので始まった頃にはお経や何かがあったのだろうけど、自分の頃は後輩が好きだったウルフルズやドリカムが流れるゆったりとした時間になっていた。

 

ほんと、失礼があってはと思って、「た、頼む・・」ってアッキーに先に行ってもらったのを真似したけれど、まぁ、天国から笑われたろうな。最期の顔合わせも、少し笑みを浮かべていた気がする。

 

真っ先に死ぬのは自分だって昔から言われてて、まぁそうだろうねと自分も思っていたのに、

ほんと、何事もなく長く長く幸せな将来を歩むんだろうなぁっていう身近だった子が、自分より先に旅立ってゆくのはなんだか辛いね。

ゴールデンウイーク雑2

f:id:sou:20170430151410j:plain

 

蹴上から。

「距離を・・詰めます」と言いながら、既に逃げ腰になっているネコに迫る。

結局逃げられた。

 

新緑の蹴上、インクラインはとても綺麗なもので、紅葉といい勝負だった。

f:id:sou:20170430143240j:plain

f:id:sou:20170430143126j:plain

 

哲学の道はほどよい日差しで、ネコも日向ぼっこで外に出歩いていた。

f:id:sou:20170430152221j:plain

f:id:sou:20170430152142j:plain

f:id:sou:20170430152127j:plain

f:id:sou:20170430152050j:plain

f:id:sou:20170430152030j:plain

f:id:sou:20170430151949j:plain

f:id:sou:20170430151935j:plain

f:id:sou:20170430151928j:plain

f:id:sou:20170430151731j:plain

f:id:sou:20170430151500j:plain

 

正月に来た時もそうだったけれど、ネコを吸い込む木にまた一匹吸い込まれていた。

f:id:sou:20170430152229j:plain

 

この三毛猫hお姫様気質で、色々とアピールをしてヒトのチヤホヤを狙う。

f:id:sou:20170430152254j:plain

 

哲学の道のネコは地域猫としてもしっかり世話をされているけれど、どのネコも本当に健康でいい顔が多い。

惜しむらくはこのネコ天国が一世一代で終わる事かな。地域猫とはいえ野良として厳しい生活を乗り越えなければいけないのは本当に心配な事だし、太子の猫達が冬を迎えるたび1匹2匹と減っている事を思うと、これ以上その生活に苦労する猫達が増えなければいいなとも思うし、なんとも言いづらい感有る。

f:id:sou:20170430153431j:plain

f:id:sou:20170430153417j:plain

f:id:sou:20170430153301j:plain

f:id:sou:20170430153253j:plain

f:id:sou:20170430153242j:plain

f:id:sou:20170430153012j:plain

f:id:sou:20170430152940j:plain

f:id:sou:20170430152858j:plain

f:id:sou:20170430152750j:plain

f:id:sou:20170430152741j:plain

f:id:sou:20170430152617j:plain

f:id:sou:20170430152522j:plain

f:id:sou:20170430152422j:plain

f:id:sou:20170430152406j:plain

f:id:sou:20170430152332j:plain

 

とにかく太子の空振りをここで取り返した。

ここまでで結構歩いているけれど、ここから三条珈琲店、祇園を回ってもう一度三条へ戻ってきて豆水楼で豆腐。

この区間、本当に長い距離を歩いた。四条大橋がいつまでたっても近づいてこないし、祇園を丸一周して三条に戻るひともなかなか居ない気がする。

 

豆水楼、古民家を改装した佇まいで、広いとはいえないけれど、とてもあたたかさのある部屋でゆっくり食事を楽しめて良かった。豆腐が夕飯?って思うけれど、お値段以上のお料理の数々と湯豆腐の食べ放題で満足。京都に来たなぁーってしみじみ感じる。

 

 

関連ランキング:豆腐料理・湯葉料理 | 三条駅京都市役所前駅三条京阪駅

 

豆水楼からそのまま一気に京都駅へ。

と思いきや、京都タワーに登りましょうという事になり、久しく登ってない京都タワーへ。

京都は都市なのに空が本当に広くていい。高層建築は作らねぇ!って大号令を発したヒトはほんと凄いと思う。

f:id:sou:20170430205607j:plain

f:id:sou:20170430203402j:plain

f:id:sou:20170430203314j:plain

 

でもってようやく帰路へ。

本当に歩き倒した。お嬢さんは流石に現役10代で最後まで笑顔だった。すごい。

今度こういう機会があったら、次は2万2千歩の4分の1ぐらいでピョンピョンと移動してゆきたい。

f:id:sou:20170430201419j:plain

f:id:sou:20170430201431j:plain

 

ゴールデンウイーク雑

 

f:id:sou:20170430111347j:plain

 

 

 

 

連休は春から弊部に来たお嬢様とのねこ歩きから始まった。

大阪に出てきて2ヶ月、まだ高槻から出てないというので新世界から京都まで一気に見るという強行軍の観光を敢行する事とした。

 

 

朝の太子~山王。

 

もう自分でも驚く程のネコの居なさだった。当たり前なんだけど、午前も10時台に表に出てくるネコなんてなかなか居ない。もうほんと居なさすぎてウワァ・・と思っていたら飛田本通からぽつぽつ見かける様になった。

f:id:sou:20170430104120j:plain

 

普段愛想の無い諸兄も、女の子というだけで指先一本でダウンさせられて、女の子にはとても素直。

f:id:sou:20170430104103j:plain

 

とはいえまだ寝起きの時間帯。

寝ぼけながらフラフラ歩くのを見るばかりで、いつもの太子山王という雰囲気も全然無く。

f:id:sou:20170430104730j:plain

 

これはアカンと挽回を狙って、松之木大明神。

神社の由緒や太子、飛田の歴史をざっくり説明した後、ドヤドヤした今池へ。

f:id:sou:20170430105633j:plain

 

「突然怒られる事が有るけど気にしないでね」と、ドヤ街についても歴史や成り立ちを話しながら歩く。

界隈の先達は朝の迎え酒をキメ終わって、空に向かって演説する先輩、僕らには見えない誰かと交信する先輩、いつもの雰囲気だったし、「こういうところなんですねー」とアッサリ理解してしまうあたり、女の子は強い。

 

今池停留場。

f:id:sou:20170430110149j:plain

 

場所が場所なので誰かと来ることも今まで無かったけれど、新世界へのアクセスの都合もあったのでついでに。ここの猫達も女の子にはとても甘い。お前今までそんなでんぐり返りなんてしたことなかったろ!っていうぐらい、甘えに甘える始末。

f:id:sou:20170430110318j:plain

f:id:sou:20170430111333j:plain

 

ひとしきり遊んでもらってこれ。満足か。

f:id:sou:20170430110836j:plain

f:id:sou:20170430111446j:plain

f:id:sou:20170430111453j:plain

f:id:sou:20170430111436j:plain

 

更におねだり。

f:id:sou:20170430111345j:plain

 

電車が来るのもお構いなしで自分の時間を過ごす。

枕木は全て爪研ぎ板だし、レールは寒い時にあたたまる様のツールだし、色んな道具が有って彼らはそれをうまく自分のものにしてる。

f:id:sou:20170430111801j:plain

f:id:sou:20170430111813j:plain

f:id:sou:20170430111756j:plain

 

今池停留場から恵美須町へ抜け、新世界で串かつを昼ごはん。

折り返しは天王寺から特急はるかでドーンと京都までワープして先を急いだ。

ここから結構なウォーキングになることは予想だにしなかった。

 

4月雑

期首の色々も先週の管理職研修会で終わった。

今年は4月になんもかんもブチ込んだ格好になった。

f:id:sou:20170415150300j:plain

 

年度末に少しヒトの入れ替えがあって、経理からバーンと自分のチームに引き抜いたユカちゃん。めちゃんこ大活躍してくれていて、色々ホント助かってる。

 

ルーチンも有るには有るけど、「今まで無かった仕事」と「これからレールを引く仕事」が主戦のチームにあって、とにかく何にでも取り組んでくれるし、経理もイラレも給与計算もPCのセットアップも運輸支局への届け出も出来て、逆にこれから何をメインでやって貰うか悩む。

 

彼女の採用時は割とすんなりゆかなくて、最終の最終でちび太君部長の物流経験の有る推し候補さんと一騎打ちになったのがもう1年も前になるけれど、自分は物流経験の有無にこだわりも無くて、むしろ何も無い、経理も給与も物流も知らない!ってひとの方が色々興味をもって取り組んでくれるんじゃないのって考えてたし..って言うと何か意味がある様に見えるけど、正直可愛いから採用した。いやでも実りは大きかった。

 

連日メールが120着ぐらい残ってるけどまだ生きてる。

色々あって上司が変わってしまったけど、まぁ回るもんだわ。

4月末雑

猫の撮り歩きも丸3年というところかも知れない。いつ始めたかなんて忘れた。

 

instagramでは皆さんにFavを頂いているけれど、これはこれで割と孤独な趣味?趣味というんか分からんけど、活動的なものかも知れない。何かこう、これをキッカケに色んな人と仲良くなれたら面白いなぁという淡い期待とかも有ったけれど、ウェブには猫の写真なんて溢れてるし、自分よりもっと素晴らしい表現力で発信される方も居るし、そういうキッカケにはならなかったなぁーというのが今のところの感想というか。

 

実家にはまだタマが存命だけれど、自宅でもいつか猫を飼ってみたい気持ちがあるし、今の賃貸もそのつもりで借りたところだったので、買わない手は無いんだろうけど、そもそも自分が家に居る時間が極端に少ない今、猫も寂しくしてしまうだろうし、飼ったら飼ったで逆に自分が外に出なくなるかもしれないとも思う。それはそれで良くない気はする。

 

家でゆっくりするっていう頭はもう何年も無い事だけれど、そのタイミングは会社を退職した時だろうか、でもそんなタイミングで飼ったら間違いなく猫の方が長生きする。自分の寿命を考えても今が多分最後のチャンスになると思う。っていう色々を考えてると面倒くさくなって野良猫を眺める様になってしまった。

 

明日死ぬかも知れないし明後日死ぬかも知れない。「余命30日です」って言われてももう驚かないけど、その時誰かが、何かが残るのはすごく悲しい気がするから刹那的になる。猫なんて残してしまったらと思うと気が気じゃない。どうでもいいお先真っ暗論だけれど、それは猫に限らず色んな事で現実的になりつつ有る気がする。

 

f:id:sou:20170423114706j:plain

f:id:sou:20170423114953j:plain

f:id:sou:20170423115025j:plain

f:id:sou:20170423115211j:plain

f:id:sou:20170423115320j:plain

f:id:sou:20170423115332j:plain

f:id:sou:20170423115405j:plain

f:id:sou:20170423115430j:plain

f:id:sou:20170423115548j:plain

f:id:sou:20170423115553j:plain

f:id:sou:20170423115615j:plain

f:id:sou:20170423115621j:plain

f:id:sou:20170423115623j:plain

f:id:sou:20170423115645j:plain

f:id:sou:20170423115649j:plain

f:id:sou:20170423115656j:plain

f:id:sou:20170423115710j:plain

f:id:sou:20170423115723j:plain

f:id:sou:20170423120706j:plain

f:id:sou:20170423120827j:plain

f:id:sou:20170423121435j:plain

f:id:sou:20170423121531j:plain

f:id:sou:20170423121738j:plain

f:id:sou:20170423121814j:plain

f:id:sou:20170423122457j:plain

f:id:sou:20170423165643j:plain

f:id:sou:20170423165702j:plain

f:id:sou:20170423165718j:plain

f:id:sou:20170423165723j:plain

f:id:sou:20170423165839j:plain

f:id:sou:20170423165847j:plain

f:id:sou:20170423165930j:plain