Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Sky

instagramの広告で不意に始めたSkyというゲームを暫くやってる。

https://thatskygame.com/

 

日本人も多く参加している様なんだけれど、かれこれ1ヶ月間、出会うフレンドはブルネイ、中国、レバノン、イタリア、マレーシアといった東南アジア~中東系の皆さんで、まだ日本語を喋ってない。

 

という事で世界共通言語である英語で常に喋ってるんだけれど、問い合わせや買い物で使う英語と日常会話ってなかなか違って、「今日あったこの話をしたい!」という時にぱっと英語が出てこないのがもどかしいので、今になって英語を覚え直してる。

 

よく遊んでくれるブルネイの可愛いフレンド、もちろん英語で会話してるんだけれど、つたない言葉をうまく汲み取ってくれてちゃんと成立してるし、英語の会話で笑うっていう日が来るとは思わなかったというのが1ヶ月の感想。BlackStockに寄った際に1人で出来る即効性のある英語学習を聞いてみたら「書いて発音する事です」と言われ、使い慣れてない単語や文章なんかは出来るだけ書いて発音する様にしてるし、should be とかwould beとか便利なセンテンス、あーあったなぁ!っていう感じ。でもまだ口に出して言えるレベルかっていうとそうではないし、半年位はかかりそう。

 

 

Sky、先日Appleのデザインアワードを受賞する程、とにかくCGの美しさが素晴らしい。ストーリーは本当に辛辣なもので、初めてクリアするプレイヤーは例外なく涙がじわっと来るんだろうなぁと思う(自分もそうだったし)。そして感情表現を出す為のアバターの動作が豊富で、むしろ会話がなくても自分の意思を示せるという点ではこれまでにあまり無かったタイプのゲームだなと感じる。

 

リリースからまだ1年。ストーリーもステージも拡大の余地があるし、設計チームも本当に丁寧に作り込んでいっているのでこれからしばらく浸かる感じになると思う。

 

連日やってたメイプルストーリーから離れて以降色んなゲームをやったけど、1人でずっと野良をしている時間がほんと長かったし、ゲーム内でこんなに親密に話す時間っていう事も忘れてて、今こうして日本から遠く離れたお気に入りのフレンドと会話しながら笑ってる時間は新しくて懐かしい。めっちゃ楽しい。

 

 

f:id:sou:20200707132034j:plainf:id:sou:20200707132208j:plain

f:id:sou:20200707132203j:plain

f:id:sou:20200707132158j:plain

f:id:sou:20200707132153j:plain

f:id:sou:20200707132148j:plain

f:id:sou:20200707132138j:plain

f:id:sou:20200707132133j:plain

f:id:sou:20200707132127j:plain

f:id:sou:20200707132123j:plain

f:id:sou:20200707132118j:plain

f:id:sou:20200707132114j:plain

f:id:sou:20200707132109j:plain

f:id:sou:20200707132105j:plain

f:id:sou:20200707132059j:plain

f:id:sou:20200707132053j:plain

f:id:sou:20200707132048j:plainf:id:sou:20200707132039j:plain

f:id:sou:20200707132043j:plain

 

 

office365

Office365を展開し始めて5年目になるけど、自動更新やライセンス・デバイス管理が非常に便利になって、いろんな意味で良いなぁと感じてて。コンプライアンス対策としても使わない手はないという。

 

今回の話題は2020年1月14日付バージョン2001のOffice365アップデート。

EXCELが非常に不安定になるバグが発生していて、一番影響が出た16日は外出にも関わらず30分おきに電話がかかってくる状態だった。

 

 

・印刷が出来ない

・そもそも起動できない

・カラーパレットに誤差が出る

・保存出来ない

 

自動アップデートがかかるという点では、WIndows同様バグも発生する可能性が非常に高いわけで、同日で3台以上発生した時点でアップデートを要因と察するのは難しくなかったと。Twitterやフォーラムではinsiderだという指摘をいくつか見たので、配信設定を見てみたら確かにinsiderとなっているグループも有ったけど、標準になっているグループも同じ不具合が発生していたので、どうなってるんだ??という謎は残った。

 

さて対処開始当初は、アンインストールした上でC:\に残しているODTから再展開したんだけど、台数も増えてきて手が回らなくなったので、結果的にロールバックで対処する事になった。

 

企業でプロキシをさしている環境だと、システムプロキシが通っている事が前提になるので、まずは管理者モードでコマンドプロンプトを起動した後、

 

netsh winhttp show poroxy でプロキシが通っている事を確認の上、通っていなければ

nesh winhttp import proxy source=ie でシステムプロキシを差し込んでロールバックに進む。

 

○1行目 C2Rのカレントへ移動

cd %programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\ClickToRun

 

○2行目 C2Rを利用して、指定したバージョンをダウンロード・インストール

officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.12325.20280

 

バージョンはどこでも公開されているけど参考に。5年前までロールバックできたりするのかな・・なんて

https://whatpulse.org/app/microsoft-office-click-to-run

 

フォーラムでは、64bit版のインストールで解決するという意見があったけれど、各位既承の通り64bit版は動かないレガシーVBも多く、もう少し先の時代がいいかなと思ってるし、レガシーに対して不足の事態が発生して再インストールは行いたくないので、企業マンであれば32bitを強く推奨したいというところ。最悪対処した全台を再インストールという事になるし、64bitと32bitの入れ替えは割とすんなりゆかない。

 

ちなみに意地悪なのが、Office365ポータルからインストールしようとするうと、デフォルト64bit版になってるので、注意して32bit版にバージョン変更の上インストーラーをダウンロードする事が肝要、というのが補足。

 

とにかく、後々こういう面倒は増えてくると思うので、ローカルにODTのソースファイルをおいておけば、何が有っても10分で解決するなという知見を得た。調べてないけどC2RじゃなくてODTの要素でもロールバック出来るんじゃないだろうか・・。