Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

5月雑 Notes10のつぶやき

メールテンプレートを10にすればオッケーやんけ・・って思ってたIBM Notes10のフリーズ現象だけど、結果的に解決しなかったんだけど、そもそもの原因はSametimeサーバが9だと、Notes10の組み込みSameimeがエラーを吐くという事だった。

 

どこかを調整すれば正しく動作するんだろうけど、今ちょっと暇がないので後日確認したい。とはいえSameimeは必要なのでブラウザ側で動かす事にしてる。

5月雑

4月の中旬まで多くずれしていた体調もほぼほぼ回復した。

 

脊椎柱管狭窄は一旦落ち着いたので、もう投薬も通院もなくなって一旦クローズした。内臓系も日々の摂取量を抑えに抑えているので無理をなくして安定した。色々まだ不調は残ってるけど、元号も変わるというこの時期にあって無事迎えるという段になった。

 

-----

 

史上最大の10連休の話をするべきところなんだけど、IBM Notesの話。

UIも多少メトロっぽくなってきたこのソフトウェアも20年目。いつも人柱として最新の評価版を運用してるんだけど、ハイエンドCPUに24GBのメモリを積んでるWindows10環境で、Notes10が安定しない。

 

ログを取れば原因や如何にってとこなんだろうけど、まずは色々やってみてから・・と半年程使ってたけど組み込みSametimeがクラッシュし、メールがクラッシュし、ワークスペースのデザインが崩れて最終的にハングアップして終了するという事が多く、コアタイムは渋々Basic版を使ってた。

 

で、先日OSを再インストールするついでに、リリースされていた評価版Notes10のFP1を当ててみたけれどこれが変化なしだった。自宅のマシンは全く問題なく動いているんだけれど、機種依存で何かが引っかかっているのであろうとは感じる。

 

起動時のメモリも調整してみたり色々考えあぐねた挙げ句、まずは初心に帰ってみましょうと思って要件を見てみると、

f:id:sou:20190517195008p:plain

これだ・・絶対これだ・・。

9.1のテンプレートじゃだめなのか。10なのかお前・・。

 

結果、安定したんだけど、

構造自体が変わってしまったせいか、それまで使っていたLNGSがjarファイルを見つけられず、起動しなくなってしまった。

 

LNGSはGCPで同期させる事にして、こちらは9.0.1で動かす様にしてみた

 

 

と思いきや安定しなかった。

続きは後のエントリに。

 

3月雑

まるでビルの火事をバケツで消している様な感じで、

次々と体調が悪くなって早6ヶ月。固形物を食べれない時期っていうのは割と深刻だった。とにかく化学の力を借りてどっこい生きてる。

 

パソコン。

今まで本当にHPに依存していて、私物も会社の導入も日本HPさんよ~だったのを今年1年かけて見切りをつけてしまった。今までもちょこちょこ気になる部分はあったけど、大量導入したElitex2のLTE感度がとんでもなく悪かったのは決定打になった・・。

 

 

いろいろ検討した末、自宅のメインをmsiに変えた。

梅ヨドでさんざっぱら悩んだ末、HPのワークステーションでも良いかなと思っていたところをmsiの兄さんに絶賛されたGL63。2日悩んでもう一晩頭を冷やして「買うなら明日くるわ」・・って、翌朝行ったらお渡しの準備も値引きも済んでて、何おれの未来を読んどるねんmsi。

 

f:id:sou:20190106155713j:plain

msi

i7 8750HでRAM16GBという標準装備に、あとでデータ用として使っていたSSD512GBをそのまま載せた。載せれるという事はデュアルディスク仕様で、ここは店員もお薦めのところだった。17インチのENVYだと当たり前だったけど、15インチでも自由に載せ替え出来るのは本当に助かる。

 

細かいことはともかく、ゲーミング用なので当然強い。「仮想OS6個起動しながらブラウジングもデザインもしたい」というリクエストに「大丈夫です」と返事するだけあって、実際Androidのエミュレータを6発起動しながらIllustratorとブラウザで色々やっててもまだ余裕があるし、空冷も充実していて普段は全く静かだし、手動ブーストすればレンダリングでヘタることもない。HPは負荷を上げた時にファンが爆音を上げるのが辛かった。

 

「これを起動するから、このアプリは終了しないとだめだな」という選択が全く無くなったのでかなり快適。

jp.msi.com

 

2月雑

生きてます。

 

書くことがないほど、日常の変化が貧しい・・というわけではないけれど、時間が止まりがちなのは確かなまま年が明けた。

 

前回のエントリから3ヶ月経つ中で初のMRIを受診して、脊柱管狭窄症とヘルニアの合併症という事が判明した。震源は腰なんだけど、腰が痛いことなんてほとんどなくて、多くは下肢、右足が痛みで動けなくなるだとか、階段を踏み外すとかっていう症状。

 

ブロック注射も2度投じてほとんど効果がなかった上、薬も体調が悪くなるばかりで肝心の効果も得られないので、まぁあとは手術なんでしょうなぁ・・っていう空気になってるけど、突然歩けなくなったりするのでホント腹立たしい。アセトアミノフェンが通勤定期より大事になってて笑う。

 

経過報告で病院に通ってるけど、整形外科は面白いところで、内科や歯科と決定的に違うところは治療の進行決定は患者サイドに有って、担当医は「こうしましょう」と言わない。「こうしないと死ぬ」と言われないと動かない自分にあって苦手なパターンなんだけれど、特に神経痛だからか

 

1.耐えられるなら現状維持(頓服投薬)

2.ブロック注射(痛いやつと凄く痛いやつの2段階)

3.手術

 

大別するとこの3ステージで、ブロック注射はMRI撮ったあとに「打ちますか?」と突然言われたので、これは恐らく打つべしと判断したけど、結果たいした効果も無かった。手術は、まぁ手術しか無いんだろうなぁというステージに立ってるのは自覚しているけど、1日の4割はまだ支障が出てないので、これが1割になったら手術だなと考えてる程度で、担当医も積極的に手術と言わないのは、経過観察中に治ることも有るからなんだろうとは思う。

 

それほど神経系は複雑なのか、胃に穴があいた時の様に「悪くなる一方」というわけでもないからこそ、患者の状態と意志に任せる割合が大きいんかなとは感じる。やーでも「これは手術しかないですね」って一言あれば来月早々にでも手術だーって決定するけど、痛み耐性が強いのが恨めしい。

 

 

札幌へ行ってきた。

雪の時期にゆくのは多分12年とかそれくらいぶり。

f:id:sou:20190212102300j:plain

f:id:sou:20190212121424j:plain

f:id:sou:20190212143537j:plain

f:id:sou:20190212144209j:plain

f:id:sou:20190212144252j:plain

f:id:sou:20190213073933j:plain

f:id:sou:20190213112359j:plain

f:id:sou:20190213182646j:plain

f:id:sou:20190213192230j:plain

f:id:sou:20190214102640j:plain

f:id:sou:20190214103107j:plain

f:id:sou:20190214104003j:plain

f:id:sou:20190214104042j:plain

f:id:sou:20190214104057j:plain

f:id:sou:20190214104105j:plain

f:id:sou:20190214104221j:plain

f:id:sou:20190214115704j:plain

f:id:sou:20190214115707j:plain

札幌2019

 

11月雑

この5ヶ月の間に色々終わって終わって疲れた・・。

始まったものも終わったし、終わる予定のものも終わって、居た人も居なくなって、ハァーって自分のシールドやブーストが切れた途端一気に体調が悪くなった上、中央線快速で立てなくなったのが先月。

 

腰痛かと思ったら長引いて、内臓系かと思ったら全然そうじゃなくて、どうやら神経系だった。全般的に代わる代わる来ていて今は左手が握れなくなってる。

 

今月から布団で寝かされてます。

何もしてないですがまだ生きてますので。