読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

名古屋豊橋飯田線の旅Ⅱ(中編2)

宿を抑えて安心したので、前回蕎麦を食べただけで終わった天竜峡を散策する事にした。

大層な広さを感じる天竜峡マップとは裏腹に30分とかからないコースで拍子抜けした。

熊野古道や伏見のお山に比べたらウォームアップ程度のハイキングコース。

 

ただこの峡谷の景色はここにしか無いもので、カメラに収まらない雄大さが気に入った。

 

f:id:sou:20140504135529j:plain

 

f:id:sou:20140504135916j:plain

 

f:id:sou:20140504135153j:plain

 

泊まる旅館を逆から見る。

f:id:sou:20140504135847j:plain

 

凄い勢いで駆け上っていったお子さん。

ご両親は何処に居るのかなと思ったら、随分後から息切れで上がってきた。

f:id:sou:20140504140243j:plain

 

リス。野生のリスを間近で見たのは初めてかもしれない。

凄い速い。飛ぶ。

余りに飛ぶし初めて見たので、これはもしかしてムササビ?って思って、小動物好きのかえで君に聞いてみたら「りす」って即答だった。

f:id:sou:20140504140339j:plain

 

長い吊り橋。50m程あって、しっかり揺れる。

朝乗ってる桜島線程揺れるので、ゆっくり立ってられない。

f:id:sou:20140504140425j:plain

 

渡ってからこういう看板を見る。

明らかに20人以上渡ってる瞬間があった。

f:id:sou:20140504140847j:plain

 

渡りきったところで名水。

f:id:sou:20140504140637j:plain

 

立入禁止の小路。入りたくなる。

f:id:sou:20140504140928j:plain

 

f:id:sou:20140504141354j:plain

 

吊り橋を上から。

f:id:sou:20140504141007j:plain

 

出口(入り口)。

面白いのは足元で、階段はすべてチップか腐葉土?の様なもので覆われていて、歩く感じがとてもフワフワする。

f:id:sou:20140504142100j:plain

f:id:sou:20140504141450j:plain

 

 

 

たまちゃん。

f:id:sou:20140504142441j:plain

 

朝掘りのたけのこが300円。

f:id:sou:20140504142520j:plain

 

駅前まで戻って来て、船着場を見下ろすと、岩場の上にサラリーマンが居て笑った。

おサボりスポットなんだろうかと。

f:id:sou:20140504150149j:plain

 

よく判らないけど、丁度川下りの船が通る場所なので、来たところを撮ろうという考えだったのかも知れない。

f:id:sou:20140504150140j:plain

 

そして普段観光らしい観光をしない自分が、「天竜川ライン下り」へ歩みを進める事になった。

 

 

しかし進まないな旅行のエントリ。